人と建物の安全を支える
耐震診断・赤外線調査のWith Corporation

人と建物の安全を支える 耐震診断・赤外線調査のWith Corporation

調査の流れ

調査の流れ

構造物調査の重要性

構造物や設備は、歳月と共に老朽化していきます。 『点検』・『調査』・『試験』を行い、構造物の現況を正確に把握することで 【危険回避】や【適切な修繕】ができ、維持管理も行えるので 構造物の長寿命化にもつながります。

調査の流れ

お問い合わせ

①お問い合わせ

お問い合わせは電話・FAXのほか、お問い合わせフォームからも受け付けています。

ヒアリング

②ヒアリング

お客様の話を伺い、調査対象構造物の情報収集

お見積り

③お見積り

②ヒアリングで伺った内容や資料を拝見して見積書を作成

現地調査

④現地調査

ヒアリングと資料にて得た情報から適切な調査方法を選び、現地にて調査を行う。

報告書提出

⑤報告書提出

④現地調査でわかった構造物の現況を資料としてまとめて、お客様へ提出

完了

⑥完了

⑤報告書と写真データをお客様へ渡して完了

様々な検査・診断を行います

株式会社ウィズは、赤外線サーモグラフィを使用した非破壊検査や 電磁波・電磁誘導法による非破壊検査また、それらの技術を応用した 高精度で信頼性の高い調査・診断・点検を行っています。

検査診断01
検査診断02
検査診断03
検査診断04

診断調査サービス

  • ひび割れ調査
  • 鉄筋腐食調査
  • 鉄筋探査(フェロスキャン)
  • 鉄筋探査(ハンディサーチ)
  • 鉄筋探査(ストラクチャスキャン)
  • レントゲン探査
  • 耐震診断
  • あと施工アンカー引張試験
  • れんが圧縮強度試験・れんがコア目地部せん断試験
  • 圧縮強度
  • 中性化(ハツリ調査)
  • アルカリシリカ反応
  • 塩害
  • 静弾性係数
  • 赤外線サーモグラフィ
  • 外壁調査
  • アスベスト調査
  • 構造調査
調査依頼/お問い合わせはこちら
調査依頼/お問い合わせはこちら

page top